アクセス

TEL

MENU

TOPICS

花嫁衣装〜色打掛と引振袖の違いとは?〜2016/09/26

2016/09/26

花嫁衣装〜色打掛と引振袖の違いとは?〜

花嫁の和装衣装には大きく分けて

白無垢・色打掛・引振袖の3種類があります。

 このうち最も有名な婚礼衣装、白無垢は打掛・掛下着・小物のすべてが白に統一されており、和装の中で最も格式高いものとなっています。

和装 着物 白無垢 結婚写真

和装 着物 白無垢 結婚写真

 

 

次に披露宴などでよく着られる色打掛は、白以外の打掛を着た場合を指します。

 

もともとは室町時代以降、武家の花嫁が婚礼後に着た衣装で、相手の色に染まるという意味が込めらえています。その華やかさから明治時代以降、婚礼の際にも着用されるようにもなりました。

和装 着物 結婚写真 色打掛

和装 着物 結婚写真 色打掛

もともと武家が着ていた衣装というだけありとても華やかで、重厚感があります。

 

 

一方引振袖は、江戸時代以降庶民の間に広まった婚礼衣装です。着物のおはしょり部分をあまりとらず、裾を引いた振袖のことを指します。色は黒が一般的で、江戸時代後期から昭和初期まで庶民の一般的な婚礼衣装として着られていました。

和装 着物 結婚写真 引き振袖

振袖は着物ほど重くないため比較的動きやすいです。振袖は着物ほど豪華な見た目ではありませんので帯の柄や結び方を通常と変えることによって式にふさわしい豪華な装いとなります。

 

 

スタジオTVBでは和装前撮りのプランとして

スタジオプラン」と「ロケーションプラン

の2種類があります。

 

どちらも和装衣装は白無垢・色打掛のどちらかを選ぶことができ、着付け・ヘアメイクなどもプロが対応します。

 

なお、引振袖は上記2つの衣装に比べやや格が下がってしまうため、スタンダードの和装前撮りとはまた別になります。

 

そして大阪府内の店舗の場合、特別なロケーションプランとして大阪府内を巡るプランと大仙公園内での撮影プランが用意されており、店舗によってはスタジオ内での撮影でも庭園での撮影実際の結婚式を再現した写真を撮影することができます。

 

もし新郎新婦共に大阪が大好きな方ならご満足いただけること間違いなし!


←前   次→


PAGE TOP

COPYRIGHT © DECOLLTE CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

お急ぎの方はお電話で


FACEBOOK PHOTO MAKE